上大岡店ブログ

火の用心の話

未分類2017年2月17日

こんにちは 上大岡店スタッフです。

皆さまもご存知かと思われますが、

昨日、大手事務用品通販会社『 ASKUL』の

埼玉県入間郡三芳町の大規模倉庫で火事が発生しました。

ニュースによりますと、今朝の段階でも鎮火してはおらず

火事の怖さを改めて思い知らされています。

 

偶然ですが、

わが家では昨日の早朝、その『アスクル』に

トイレットペーパーを発注したばかり。

ところがその後まもなく火災が発生したことになり

いくら待っても商品は配達されず

確認したら「注文キャンセル」のメールが届いていました。

 

私は、いわゆる世間一般的な

言うなれば、「THE日本人」な生活を日々送っているので

このような経験がわりと多くあります。

例えば、数年前に発生した、大手冷凍食品会社の異物混入事件。

その時にも、事件の起きたその工場で生産された食品を

まさに冷凍庫に買い置きしてありましたので

お詫び回収広告に従って件の冷食を宅配便で送り

一個につき500円のプリペイドカードを拝受いたしました。

それはともかく、

この時期、空気がたいへん乾燥しています。

火を使う暖房器やお鍋を囲むときのガスコンロなどを使用する機会も多くなりますので

特に気を付けて頂きたいと思います。

 

昔、損害保険の募集人の試験を受けた時に

聞いた話ですが、(たしか・・・)

日本では3代に1回の火災が起こる と言われていたそうです。

たぶんこれは昔々のお話で

現在では、そのままには当てはまらない数字であるとは思いますが

火災の危険は他人ごとではないということに

気づかされた言葉でした。

これを「対岸の火事」と思わないで

いま一度、火の用心を心がけてまいりましょう。

 

20170110-221

 

画像は、話の中身と全く関係はありませんが

県内の「大山」です。

神奈川県内にもが出るとは驚きです。