• 老後学校 セミナーレポート Vol.5

老後学校 セミナーレポート Vol.5

後見人制度で備える!

banner_seminarreport5
7月4日(金)、藤沢市で初めて「老後学校」~新・安心な老後を迎えるための基礎講座~を開催しました。

梅雨の時季特有の蒸し暑い日ではありましたが、藤沢・茅ヶ崎・鎌倉から20名様にご参加いただきました。

 

seminor5
今回の『老後学校』、プログラムは

第1部:「後見人制度」で備える!

第2部:「高齢者の住まいと入居事例」および「高齢な方の身元保証」

という2部構成です。

 

第1部では、認知症等により判断能力が低下してしまった方々を保護し、支援する制度として、近年関心の高い制度である「成年後見制度」がテーマです。

このパートは、司法書士法人たかぐち事務所から、司法書士の美女平 佳秀先生を講師にお迎えしました。
堅苦しくなりがちな法律制度のお話を、活用事例を交えてわかりやすく解説していただきました。

 

⇒ 第1部をさらにご紹介します ←こちらのリンクをクリック

 

第2部・前半部分では、高齢者向けの住まいの種類・違いとともに、住み替えをされた方の入居事例をご紹介しました。

seminor_report_5

※セミナースライド一部抜粋

 

介護保険施設の3タイプ

種類 特徴 居室の目安 月額費用等の目安
特別養護
老人ホーム
常に介護の必要な寝たきりや認知症の高齢者の方が、入浴・食事・排泄の介護、日常生活上の世話、機能訓練、健康管理及び療養上の世話を受けることができる施設・誰でも直ぐに入所できるわけではなく、入所の必要性の高い方から優先して入所することとされており、申込から入所まで時間が掛ることがある。 10.65㎡
以上
6~14万程度
・用介護度、所得段階等により 費用負担が変わり、介護保険1割負担分も別途必要
介護老人
保険施設
症状が慢性期にある高齢者の方が、リハビリテーションを中心として、看護、医学的管理の下での介護、機能訓練、必要な医療及び日常生活上の世話を受け、自宅での生活の復帰を目指す施設 8㎡以上 7~22万円程度
・要介護度、所得段階等により費用負担が変わり、介護保険1割負担分も別途必要
介護療養型
医療施設
長期にわたる療養を必要とする高齢者の方が、一定基準を満たした病院において、介護その他の世話及び機能訓練その他必要な医療を受けることができる施設 6.4㎡ 5~23万円程度
・要介護度、所得段階等により費用負担が変わり、介護保険1割負担分も別途必要

この高齢者の住まいに関するパートも「特別養護老人ホームと、有料老人ホームは何が違うの?」など、ご質問がいくつも寄せられるパートです。

seminor_slide2

※セミナースライド一部抜粋

 

施設のご紹介

shisetsu1御客様のご希望(入居予算・地域・生活スタイルなど)にあった施設のご相談から紹介、見学ご案内を無料で行います。

A様は、まだ非常にお元気(自立者)であり、「介護付有料老人ホーム」は、まだ早いため、市内のサービス付高齢者住宅をご提案しました。

A様は、下記のサービス付高齢者住宅の利点に感心されました。

 

•自炊や入浴などの時間の制約がない
•館内にレストラン、内科、歯科、薬局、訪問介護などを併設
•介護士が24時間常駐
•介護が必要になった際は、外部から訪問介護を受けることができる
など

 

また実際に住み替えをされた方の事例を聞いたことで、ご自分の環境に置き換えて実感する方も多く、自宅売却について突っ込んだご質問を頂きました。

 

 

第2部・後半部分は、身元保証についてのお話です。

病院への入院や高齢者向け住宅入居には、身元保証人を立てることが求められます。

一方で「お一人暮らしで、頼れるご親族がいない」、「あるいは子供世代に迷惑・負担をかけたくない」という方も年々増えています。

こうしたお悩みをお持ちの方に、「解決策のひとつ」をご提案いたしました。

 

皆様の関心の高さを裏付けるように、「高齢者向け施設の入居とは別に身元保証の相談はできるの?」という具体的なご心配に基づいたご質問を頂いています。

seminor_report_4_2

最後に、

アンケートで頂いたご意見の一部をご紹介します。

ank5

『老後学校』に参加された方たちは、

・耳にしたことはあっても良くわかっていなかったことがはっきりした

・誰に、どこに相談していいのかはっきりわかった

・また次の『老後学校』に参加したい

こんなご意見を寄せて下さいます。

・・・「行動してみて、本当良かった」・・・そう思って頂けるセミナーにしてまいります。

お近くで『老後学校』が開催される際には、ぜひご参加下さい。

「ホッと安心」のために・・