• 老後学校 セミナーレポート Vol.7

老後学校 セミナーレポート Vol.7

公的高齢者施設(特養・老健)の現状と課題

seminarreport_20141009
10月9日(木)、上大岡(横浜市港南区)で『老後学校』 ~新・安心な老後を迎えるための基礎講座~ を開催しました。

上大岡地区での『老後学校』は初めての開催となります。

地域の皆様になじみが薄いことを懸念していましたが、すぐに定員をはるかに超える参加お申込を頂き、多くのお客様のご参加をお断りする結果となりました。

ご参加いただけなかった皆様にはあらためてお詫び申し上げます。

seminarreport_20141009_1
今回のプログラムは

第1部:「公的高齢者施設(特養・老健)の現状と課題」

第2部:「高齢者の住まいと入居事例」、および「高齢な方の身元保証」

という2部構成です。

 

第1部では、横浜市内の特別養護老人ホーム(特養)の入所申込を一元管理している立場から、公的施設の申込・待機・入所にかかわる現状と課題を具体的に聞いて頂くという内容です。

入所相談から申込受付、施設との連携を一元的に管理される、公益社団法人 横浜市福祉事業経営者会で事務局長を務めておられる甘粕様を講師としてお招きしました。

・横浜市では入所申込者数が一日あたり30名~50名に上っている

・平均待機期間は全体で500日超であるが、要介護3以上の方に限ると200日以内で入所できている

・希望する先(施設)は、訪問して自分の目で見て、相談員としっかり相談して見極めたい

・ひとりで食べられ、トイレに行けるうちは、自宅でがんばって!

など、ふんだんに数字や事例を織り込んだお話しと具体的なアドバイスに、ご参加の方々は皆引き込まれ、質問コーナーも15分以上におよぶという反響の高さでした。

 

ご主人を介護中の参加者のお一人からは、「私もだんだん負担となり始めてきました。そろそろ施設のことを考えておかねばと思い参加させて頂きました。」

と感想を寄せて頂いています。

 

⇒ 第1部をさらにご紹介します ←こちらのリンクをクリック

 

 

第2部・前半部分では、高齢者向けの住まいの種類・主な特徴とともに、住み替えをされた方の入居事例をご紹介しました。

有料老人ホームとサービス付高齢者向け住宅

有料老人ホーム サービス付高齢者向け住宅
特徴 ・居住部分の契約と合わせて、食事や介護等のサービス提供を一体的に受けることができる
・入居時に一時金が必要な場合があるが、終の棲家としての安心感を得やすい
・居住部分の契約に加えて、選択によって必要なサービスの提供を別契約で受けることができる
・サービス、契約更新(解除)も含め、選択の自由度が高い。
・賃貸借住宅のカラーが濃い
契約 ・サービスを受ける契約と居室や共用部分を利用する契約が一体となった契約ができるホームがほとんど ・居室や共用部分を利用する賃貸借契約に安否確認と生活相談サービスの契約がセットになっている住宅がほとんど
設備構造 居室 13~18㎡以上でトイレや洗面設備があるが、台所と浴室は原則ない(共有部分にある)
原則25㎡以上で、トイレと洗面設備は必置。他に台所、収納設備、浴室が備えられている
居室・共用部分 ・バリアフリー構造となっている ・バリアフリー構造となっている

 

⇒ 高齢者の住まいと入居事例をさらにご紹介します ←こちらのリンクから

高齢者のお住まいについては、「よく知らない」という方が多くいらっしゃいます。

そんな方たちも、セミナーで話しを聞いて頂いた後は、具体的にイメージを持っていただけます。

今回も、

「(施設見学会で見ていただく予定の)サービス付高齢者住宅の資料を送付して!」

「今日もらった資料でよく勉強する」

「内情が良くわかり参考になった」

といったご要望・ご感想をお寄せいただいています。

banner_seminarreport6_2

※セミナースライド一部抜粋

第2部・後半部分は、高齢な方の身元保証です。

病院への入院や高齢者向け住宅入居には、身元保証人を立てることが求められます。

一方で「お一人暮らしで、頼れるご親族がいない」、「あるいは子供世代に迷惑・負担をかけたくない」という方も年々増えています。

こうしたお悩みをお持ちの方に、「解決策のひとつ」をご提案しています。

皆様の関心の高さを裏付けるように、「身元引受は姉・弟に頼めないので身元保証について今後も相談したい」と、さらに詳しく相談を希望されるご要望も頂いています。

banner_seminarreport6_3
⇒ 高齢な方の身元保証をさらにご紹介します ←こちらのリンクから

 

最後に、

プログラム終了後のアンケートで寄せられたご意見の一部をご紹介します。

「何となく胸に引っかかるものがある」、「『モヤモヤ』とした将来への不安を持っている」という方が意外に多いものです。

seminarreport_20141009_2

⇒セミナーを通じて、元気なときからのご準備の大切さを感じていただけました。

一方で、

・そうはいっても、誰に相談すればいいかもわからない

・相談すると、しつこく契約を勧められそうで・・・それが いや!

と誰にも相談していないという方も多いというのも実態です。

seminarreport_20141009_3

お褒めの言葉も頂くのですが・・・、

次のようなご指摘も頂いています。

seminarreport_20141009_4

⇒限られた時間の中で、初めて聞いて下さる方々にもご理解いただけるよう、一般的なケースをご紹介しております。

費用など具体的な例でご紹介する方法も検討いたします。

『老後学校』に参加された皆様は、

・誰に、どこに相談していいのかはっきりわかった

・事前に知っておくことで、あわてないで済む・・・それでホッとできた

・また次の『老後学校』に参加したい

seminarreport_20141009_5

こんなご感想をもって会場を後にされています。

・・・「行動してみて、本当良かった」・・・そう思って頂けるセミナーにしてまいります。

お近くで『老後学校』が開催される際には、ぜひご参加下さい。

「ホッと安心」のために・・・